automakeについての動画

automakeについての動画

20年前の自分へ

automakeのテストについての動画をアップしました。初めての動動画作成です。考えていたよりも難しかったです。特に以下の2に難しさを感じました。

  1. 相手がいないで一人で話すこと
  2. つっかえないで話すこと

最初の部分に議題、最後の部分に要約をいれたいと思っていました。この部分にそれぞれ10テイクくらいかかりました。

1日くらいで終わるかなーとか思っていたのですが、約17分の動画と取るのに、3日もかかってしまいました。

話題はかなり特異なものなので、たくさんの見てもらえるとは思っていません。 この手の話は、若いソフトウェア開発者に話していたものです。約20年前の自分に話しています。若いころ、ソフトウェア開発の本を読みました。当時、こんなことが完璧に理解できる人がいるのかなぁーと思ったのでした。そんな人に出会ってみたいと思っていました。そんな自分に向けて、わかるようになったと伝えたい。

Openshot、OBS Studio、マイク、LED照明

この動画をとるにあたり、2つのソフトを使用しています。

  1. Openshort
  2. OBS Studio

Openshortは、複数のトラックを編集して、一つの動画ファイルにまとめるものです。Openshotの開発の皆さんありがとうございます。

OBS Studioは、コンピュータデスクトップの動画とかWebカメラとかを同時実行して、一つのトラックを作成します。OBS studioの開発の皆さんありがとうございます。

私のPCのWebカメラは、iPhoneより顔が暗く映ります。音声もノイズがのって聞こえにくいです。作業効率を考えるとPCで録画したいと思いました。そこで、LED照明とマイクを購入しました。これで、映像、音声を改善しました。

asciinema

自分の作業を記録する方法について調べました。mp4のような動画ファイルで録画すると、大きな記憶デバイスが必要です。私のたいていの作業は、テキスト文字列にです。効果的に、作業を記録する方法が必要でした。asciinemaを見つけました。ソフトで作業を記録することにしました。asciinema開発の皆さんありがとうございます。

私の作業

以下はYoutubeで使用した作業コンテンツです。

こちらが、Youtubeのリンクになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。